忍者ブログ
アーベントリート、詠い直し。
Posted by - 2017.07.24,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Saya-Abendlied - 2007.11.18,Sun
 トマスをアンコナまで送ってった時の水夫の騒ぎ様と落ち込み様は凄かった。
 元々人柄や能力も相俟って信用のある若者だったのだが、卒業試験とも言えるインド航路でその信用をより確固たるものにしたらしい。故郷に降り立って甲板を見上げ、大きく手を振った彼を見送ったのは水夫全員だったが、中には涙ぐむ者までいた始末だ。その筆頭がサヤの視界の隅で未だしゅんとしているシュウである。
「そんなだったらついて行けば良かったのに」
「まあまあ」
 不機嫌に口を引き結ぶサヤの隣でディオが苦笑いを零しつつ彼女を宥めている。
 シュウはトマスがサヤの船に乗る二月ほど前にやってきた同じく古株だったが、トマスとの歳の差は親子と言ってもいいくらいだった。同じ時分に乗り込んだこともありシュウはよくトマスの面倒を見ていたし、トマスもまたシュウに懐いていた。彼にしてみれば息子が独り立ちしてしまった気分なのかもしれない。
 しかし、そこまで落ち込むのなら今からでもトマスを追いかければいいのだ。実際彼を慕ってこの船を降りた人間も数人いた。しばらくはアンコナで母親の様子を見るとトマスも言っていたし、彼が船出するのはその近くの大都市ヴェネツィアだろうから、まだマルセイユを過ぎたばかりのこの船から降りて陸路で行くなり船を捉まえて海路で行くなりすれば彼の新しい旅立ちには間に合うだろう。
「いっそ追い出してやろうか」
「それは止めとけよ」
 いつものようにディオがサヤの頭をかき回す。
「あいつもいろいろ考えた結果この船に残ったんだろう。だったらそれを受け入れてやるのもお前の役目なんじゃないか」
「つったっていつまでもしょげられてちゃあね」
「そのうちいつもの調子に戻るさ。お前が膝蹴りして大袈裟に痛がるふりするぐらいにな」
PR
Posted by Saya-Abendlied - 2007.10.24,Wed
 復活したとはいえ留守気味で申し訳ないなぁ。
 しかしつい最近リスボンのバザーを流し見していたらこんなものが。
ring 巷で薔薇紳士&子供王と何かと有名でいらっしゃるJulian卿ですが、何で彼の指輪がこんなところに? 気になっていろいろ聞き込みをしたところ、どうやらこの指輪は彼がどこかの港のお嬢さんにプレゼントした品物の様子。それが回りに回って何故こんな場所で売られているのかは…まぁ各人のご想像にお任せするとしましょう。
 しかしJulian卿も罪作りな方ですねぇ…仕入れ発注書を手に入れようとカリブで躍起になっていた時、偶然卿がリオデジャネイロにいらっしゃると聞きつけ船を向かわせたのは記憶に新しいですが、まさかその時は様々な噂を耳にしておらず…そんな方だと知っていれば、…うぅ…

 それにしても何故私はこの指輪を買い取っているのでしょうかね…
 美麗な紫色の宝石を見ていると財宝とは何なのか無学な私にも理解できるような気がします。…いや、多分これは卿のことですから、
「世の中の女性は皆財宝です。だからこそ私の指輪には財宝鑑定+2のボーナスが付くのですよ。私は幸いなことに、女性一人一人の魅力をこの目で見つけ出す力を天から頂くことができた人間ですからね」
 とかいうことなのでしょうね。
 何だか釈然としませんが、この指輪はひとまず銀行の貸金庫に預けておくとしましょう。Julian卿がこの指輪を取り戻したいと思っているか否か定かではありませんが、少なくともご本人が返せと言うまでは、金庫の奥で眠ってもらうとしましょう。


 銀行員が白い手袋で指輪をつまみ、「確かにお預かり致します」と奥に引っ込んでいくのを見守りながら、私はいつか卿に貰った美しいオパールを思い出した。
 薄い七色に輝くあの宝石が今どこにあるのかは…私だけが知っていればいい話だろう。
Posted by Saya-Abendlied - 2007.10.11,Thu
トマスの奴の卒業試験やら、南米での再会やら書きたいことはたくさんあるんだが、ちょっとその前にニュースが出来たんだ。
Posted by Saya-Abendlied - 2007.10.07,Sun
基本原価売り、大成功品をご希望の方は割高になる場合があります。また、提示している価格はあくまで目安、実際は相場により前後致します。予めご了承ください。
材料をお持ち込みの方には無料で作成いたします。
また、ご注文の品それぞれに仕立て道具もオプションでプレゼント。


男女兼用服
    ダマスク織シュルコー(37,000D | ダマスク織2・革ひも3・シュルコー1)
    サテン製プールポワン(52,000D | 革ひも20・サテン1・プールポワン1)
    マント&タブレット(130,000D | 革ひも5・サテン5・ラフカラータブレット1)
    ケープ&タブレット(155,000D | ジョーゼット5・ししゅう糸5・マント&タブレット1)
    ドガリーヌ(90,000D | 革ひも35・毛皮35・ダマスク織シュルコー1)


男性専用服
    コタルディ(11,000D | 麻生地3・毛織生地3・フェルト製アクトン1)
    コットン製コタルディ(20,000D | 綿生地7・革ひも5・コタルディ1)


女性専用服
    羊皮飾ペチコート(12,000D | 皮革7・麻生地3・リンネル製ペチコート1)
    鹿皮飾ペチコート(20,000D | 皮革15・革ひも5・羊皮飾ペチコート1)
    ダブリエ(10,000D | 毛織生地5・綿生地5・革ひも5)
    ルネサンスドレス(140,000D | 高級衣料12・絹生地15・ししゅう糸30)
    黒ジョーゼット製ドレス(162,000D | ジョーゼット5・ししゅう糸5・ルネサンスドレス1)


男女兼用帽子
    ニットキャップ(4,000D | 皮革4・ニット3・革ひも3)
    ボネ(16,000D | 皮革5・革ひも10・毛織生地10)
    羽付きボネ(26,000D | 羽毛15・皮革10・ボネ1)


その他
    ミトン(5,200D | 皮革3・革ひも1・毛皮3)
Posted by Saya-Abendlied - 2007.10.06,Sat
 トマスはBastardSwordに乗る船員の中では年若い方だ。
 それでも彼は古株である。何せ船長であるサヤがまだ斜陽の都に籍を置いていた頃からその下にいるのだ。アドリア海をせっせと往復していた頃に比べると、トマスは背も伸びたし筋肉もついた。サヤが随分前に初めて冒険者ギルドの扉を叩き、操帆の技術を学び始めてからは、その隣で誰よりも熱心に技術を盗もうと努力していた。おかげて現在、BastardSwordの操帆手筆頭は彼である。帆に関してなら、動かすのは彼、繕うのはサヤといった感じだ。
「なぁトマス、あんたの夢って何?」
 そんなわけでトマスは新入りの船員達のように船長にいきなり話しかけられても驚かない。その日も突拍子もなく飛んできた質問に彼は視線をついと青空に移し、少し考えて彼と彼女の母国語のイタリア語で呟いた。
「夢、ですか」
「別に深い意味はないんだけどね。…まぁ、シュウの奴は「船長と真逆の女と一緒になることですかね」っつってたから、飛び回し蹴りかましといたけど」
 サヤは英語からイタリア語に切り替えつつ正面の空間に向かって足の裏をげしっと突き出す。スカートを穿いていた時と比べて確実に足癖が悪くなっている船長に兄貴分のディオさんは頭を抱えてるんだろうなぁと頭の隅で思いながら、トマスは深く考えずにつらつら話し始める。
「俺は、いつか自分の船を持ちたいです」
「ふうん?」
 サヤは隣に立つトマスを見上げて片目を細めた。
「別にここが嫌だってわけじゃないんです。まだここにいたいし、まだ勉強したいし。…で、勉強して、立派になったら、今度は自分の船でいろんなとこに行きたいなぁなんて…それが夢、ですかね」
 にへらと笑って答えたトマスにサヤも笑い返し、だいぶ高い位置にあるその頭をがしがしとかいた。
「ま、それなら商売の基本はばっちり叩き込んでやるさ」
「…商売ですか?」
「何その不満そうな顔。あんたね、食料も水も船員雇うのも金が要るんだよ? 商売っていうのはねぇ」
 突如始まった青空教室に苦笑を漏らしつつ、トマスはまた青空を見上げた後少しの間だけ目を閉じた。
 風は順風。波も申し分ない。帆は一杯に開き風を受けて僅かに膨らみ、船員達の声や歌が耳に心地いい。
「ねぇ船長」
「あ?」
「いい天気ですねー」
 人の話を聞けとでも言いたげにすこんと短剣の鞘がトマスの後ろ頭を殴った。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
船長

Saya-Abendlied
Eurosはイングランド籍の紡績商。ヴェネツィア産まれのロンドン育ち、カンスト縫製15+1の21/42/15。
受注生産こっそり承り中。材料に生糸・金糸を使用するものなら大抵のものは即日卸せます。
最新記事
最新コメント
[12/06 ワンピース]
[11/30 Julian]
[11/01 Charlotte & Jeanne]
[10/28 じゅり]
[10/25 ケイロン]
リンクについて
大航海時代Onlineファンサイトであれば好きに貼ったり剥がしたりして下さって構いません。お知らせ下さればこちらからも貼らせて頂きます。
著作関連
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]