忍者ブログ
アーベントリート、詠い直し。
Posted by - 2017.10.20,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Saya-Abendlied - 2007.11.18,Sun
 トマスをアンコナまで送ってった時の水夫の騒ぎ様と落ち込み様は凄かった。
 元々人柄や能力も相俟って信用のある若者だったのだが、卒業試験とも言えるインド航路でその信用をより確固たるものにしたらしい。故郷に降り立って甲板を見上げ、大きく手を振った彼を見送ったのは水夫全員だったが、中には涙ぐむ者までいた始末だ。その筆頭がサヤの視界の隅で未だしゅんとしているシュウである。
「そんなだったらついて行けば良かったのに」
「まあまあ」
 不機嫌に口を引き結ぶサヤの隣でディオが苦笑いを零しつつ彼女を宥めている。
 シュウはトマスがサヤの船に乗る二月ほど前にやってきた同じく古株だったが、トマスとの歳の差は親子と言ってもいいくらいだった。同じ時分に乗り込んだこともありシュウはよくトマスの面倒を見ていたし、トマスもまたシュウに懐いていた。彼にしてみれば息子が独り立ちしてしまった気分なのかもしれない。
 しかし、そこまで落ち込むのなら今からでもトマスを追いかければいいのだ。実際彼を慕ってこの船を降りた人間も数人いた。しばらくはアンコナで母親の様子を見るとトマスも言っていたし、彼が船出するのはその近くの大都市ヴェネツィアだろうから、まだマルセイユを過ぎたばかりのこの船から降りて陸路で行くなり船を捉まえて海路で行くなりすれば彼の新しい旅立ちには間に合うだろう。
「いっそ追い出してやろうか」
「それは止めとけよ」
 いつものようにディオがサヤの頭をかき回す。
「あいつもいろいろ考えた結果この船に残ったんだろう。だったらそれを受け入れてやるのもお前の役目なんじゃないか」
「つったっていつまでもしょげられてちゃあね」
「そのうちいつもの調子に戻るさ。お前が膝蹴りして大袈裟に痛がるふりするぐらいにな」

 シュウは少なくともブリテン島界隈に着く頃になると、インド行きの前のように新人水夫をあの手この手で鍛えあげたりその癖馬鹿なことを漏らしてサヤに飛び蹴りされる日常が戻ってきたのである。
 海の男はわからない、とサヤは酒場のカウンターでシードルをちびちび飲りながら呟いた。
「まぁ、大切な弟分がいなくなったんじゃあ落ち込むのも無理はないんじゃない?」
 看板娘のアンジェラはディオと同じような苦笑いを浮かべながらカウンターに肘をついて手を組み、その上に細い顎を乗せる。何度か酒場に通ううちにサヤとアンジェラはすっかり仲良くなっていたので、仕事中の呑気な会話にもマスターは口を出さなくなっていた。サヤがアンジェラの家に泊まりに行ったことも一度や二度ではなかったりする。
「あなたの船に残ることを選んだんだから。いい人じゃない」
「それなんだけどさぁ、何回尋ねても何でうちの船に残ったのか答えてくれないんだよ。はぐらかすばっかで」
「恥ずかしいんじゃないの?」
「あのシュウが? まさか」
 サヤは魚の揚げ物を豪快にバリボリ租借しながらアンジェラの台詞を笑い飛ばした。酒場娘は肩を竦めて馴染みの客のグラスに追加の酒を注いでやる。
「ところで」
 さりげなく店内に目を走らせてから、アンジェラはサヤに耳打ちするような小さな声で囁いた。
「最近、ここら辺であなたと同じ名前の人を探してる人がいるみたいよ」
「私と?」
 自分を指差し目を丸くするサヤだが無理はない。珍しい名前だからだ。
 その由来は彼女も行ったことがない極東の島国の言葉なのだという。名付け親は彼女の実の父親だ。名前の意味は"鞘"。剣を収める場所が鞘であるように、誰かの帰る場所で在れるように、帰る場所を守れる人間になれるようにとの願いがこめられているらしい。まあ由来はともかく変わった響きだから、同名の人間も限られるだろう。
「名前は聞かなかったからわからないけど、うちの酒場にも来たのよ。サヤって女性の船乗りを知らないか、って人がね」
「へぇ」
 サヤは揚げ物を摘まんで先を促した。アンジェラが続ける。
「私も知り合いは多いし、"サヤ"って名前は変わってるけど何人かいたから、「どんな人? 何人か同じ名前の人がいるわよ」って尋ね返したのよ。そしたらその人、」
 ごくんと揚げ物を飲み込んだサヤはもちろん予想していなかっただろう。
「家名はファーディナンドだと思うんだけど、って言ったのよ」
 まさかその名をここで聞く羽目になるとは。
「…何だって?」
「ファーディナンド。その人、サヤ・ファーディナンドって人を探してるみたいなの」
 懐かしい響きだ、とサヤは驚きの中で思っていた。
 ファーディナンドという家名は昔サヤが捨てたものだ。いや、小さな繋がりはあるから手放してはいないのかもしれないが。少なくとも今のサヤが家族と呼べるのは家を飛び出した後でもファーディナンド家の面々くらいだ。
「…その人どんな人? 男で、髪が長くて、赤かったりしない?」
 自分を探すのは多分義父か義兄だろうとその二人に共通する特徴を上げてみた。ファーディナンド家は代々髪の色が赤い。その中でも義兄はカッパーレッドとでも言うべき血の色を落としたような濃い赤だ。その目立つ髪色を逆に誇りと感じている風もあるから、二人とも別の色に染めるということはないだろう。
「いいえ、男の人だったけど、髪の色は薄い金色で短かったわ」
 だがどうやらその男はサヤの家族ではないらしい。そもそも義兄には家を飛び出した後会っているし、その時今名乗っている産みの親の家名も教えているのだ。だとしたら誰だ、商会の知り合いや友人達ならば直接手紙を渡してくるだろうから違うだろう。それ以外でサヤを探している人間、しかも昔の家名を知っている人間となると、心当たりはまったくなかった。
「サヤさん、その"ファーディナンド家のサヤ"さんに心当たりあるの?」
「ん? …うん、特にないんだけどね」
 そうだ、実際"サヤ・ファーディナンド"という人間がもう一人いても不思議ではないのだ。アンジェラもサヤという名前の人間を複数知っているらしいし、中には家名がたまたまファーディナンドである女性もいるだろう。その情報がたまたま"元サヤ・ファーディナンド"の耳に入ったというだけだ。多分。
 サヤ・アーベントリートは首を傾げるアンジェラにしらを切り、新しく注がれたシードルを一気飲みして思いっきりむせた。
PR
Comments
無題
女性の過去を聞くほど野暮ではないつもりですが、
こうも見事に書かれると興味がわきますね。
いつかお聞かせください。
貴女の捨てた名と過去の話を。
Posted by Julian - 2007.11.30,Fri 23:21:06 / Edit
ワンピース
もし自分がワンピースの世界に登場したらって、思ったことないですか?このサイトの質問の答えから、自分ならどんな海賊になるのかを答えてくれますよ。ワンピースブームの今なら、話題づくりに持って来いのサイトですよ。やっぱり一番人気はチョッパーかな
Posted by ワンピース - URL 2010.12.06,Mon 22:11:58 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
船長

Saya-Abendlied
Eurosはイングランド籍の紡績商。ヴェネツィア産まれのロンドン育ち、カンスト縫製15+1の21/42/15。
受注生産こっそり承り中。材料に生糸・金糸を使用するものなら大抵のものは即日卸せます。
最新記事
最新コメント
[12/06 ワンピース]
[11/30 Julian]
[11/01 Charlotte & Jeanne]
[10/28 じゅり]
[10/25 ケイロン]
リンクについて
大航海時代Onlineファンサイトであれば好きに貼ったり剥がしたりして下さって構いません。お知らせ下さればこちらからも貼らせて頂きます。
著作関連
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]